ファスタナ 痩せる

ファスタナを飲んで本当に痩せることができるのか?

ダイエット

 

ファスタナは、とても低カロリーのプロテインスムージーです。プロテインの主成分はタンパク質となり、カロリーが高くなってしまうのではないかと、悪いイメージを持たれる女性もいると思います。

 

ファスタナの1杯分のカロリーは、たった約25キロカロリーで、1日1食を置き換えるだけで、約1000キロカロリーのカットになります。

 

1日1000キロカロリーをカットするとなると、食事制限だけでは辛い現実が待っています。栄養バランスも悪くなり、結局は体調を崩してダイエットを断念しないといけなくなります。

 

さらに、食事制限をするとストレスも溜まりやすく、ストレスが溜まると食べる量が増えてしまい、痩せるために行っていたことが逆効果になってしまったなんてことにもなり兼ねません。

 

その点、ファスタナはストレスなく食事制限ができるため、カロリーの過剰摂取をせずに痩せやすい環境が作れます。また、満腹感が得られる成分も入っていて、少量でも十分満腹感が得られます。

 

ファスタナには、腹持ちの良い大豆たんぱくや水分を含むと膨張するチアシード、満腹感を刺激してくれるブドウ糖が含まれています。大豆製品は満腹感を得やすく、高たんぱくであるため、プロテインダイエットに向いています。

 

チアシードは水を含むと10倍に膨れ上がり、膨張する性質と栄養価が高いため、スーパーフードとも言われています。満腹感を得るためには血液中のブドウ糖の濃度も関係していて、ブドウ糖の濃度が高まると満腹中枢に直ちに伝えられ、脳が満腹であると指令が送られます。

 

このように、ファスタナで置き換えダイエットを継続していけば、痩せることは可能といえるでしょう。でも、単に飲むだけではなくあわせて運動もする必要はあります。


ファスタナを飲んで太ることはないの?

贅肉

 

ファスタナは飲み方や使用方法を間違えると、逆に太ってしまうことも考えられます。

 

最初はファスタナを置き換えダイエットとして飲んでいたけど、段々と気が緩んでしまい、気が付いたら置き換えダイエットではなく、普通に飲むようになってしまったためです。

 

ファスタナをカロリーが気になる牛乳で作って飲むと、美味しくて朝食後だけではなく、夕食後にも飲んだりしてカロリーオーバーになってしまいます。

 

また、ファスタナをおやつの代わりに飲むと、栄養過多やカロリー過多になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

ファスタナは1杯あたり約25キロカロリーで、ソイプロテインやHMBのほかにも美容成分が36種類配合されています。運動と並行して飲むことで、筋肉を作ってメリハリのあるボディラインを目指すことができます。

 

そして、ダイエットに成功している人は、置き換えダイエット以外にも、きちんと適切な運動も行っています。なかには2か月程度で18キロも体重が減った人もいます。

 

ファスタナのおすすめの飲み方は、水やぬるま湯で作る方法です。反対に太ってしまう人は牛乳で作ったり、置き換えダイエットではなく、おやつとして飲んでいます。

 

牛乳で作ると美味しいですが、ダイエット中に理想の体型を目指すのであれば、水で作って運動後の置き換えダイエットとして使用することをおすすめします。

 

>>> ファスタナの詳細はコチラ!【今なら全額返金保証付】